読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケ好きin東海

バスケ(Bリーグ、Fイーグルス名古屋、NBA)についてのブログ Twitterもやってますので、よろしければフォローお願いします。 @FE_cabrerabb

【FE名古屋】第5節vs東京エクセレンス

第5節、Fイーグルス名古屋はアウェイで東京エクセレンスと対戦です。
※プレビュー記事はコチラ↓↓
http://cabrerabb.hatenablog.com/entry/2016/10/20/225012

今節はスポナビが無料ということで、2試合ともにライブで観戦することができました。スポナビ、登録するかどうか迷うなー…

第1戦
FE名古屋 77ー67 東京EX

第1Q、エクセレンスはアラビ選手#21の高さを警戒しているのか、ドライブしてきた選手へのヘルプが遅い印象でした。その隙をついて、大塚選手#6、福澤選手#22がドライブからレイアップを決め、13点のリードを得ます。
第2Qには、齋藤選手#23を中心にエクセレンスも得点を重ねますが、Fイーグルスは河相選手#20が3Pで対抗します。アラビ選手もインサイドで確実に得点し、15点リードで前半終了です。
第3Qでは、出だしにFイーグルスが連続得点し、点差を27点に広げます。その後、エクセレンスもメンバーチェンジから流れを掴み、17点差まで差を縮めたところで第3Qが終了。
第4Q、Fイーグルスは5分を過ぎても得点ができず、エクセレンスに4点差まで詰められます。それでもFイーグルスは、アラビ選手の攻守にわたる活躍でそれ以上差を縮められることなく、試合終了のブザーまで耐え抜きました。

相手に流れを渡してしまう悪い時間帯はあったものの、結果的には一度も相手にリードを譲ることなく試合終了となりました。課題の1つであったフリースローも、全体で81%、サンダース選手#17も4/7と前節よりも改善されました。特に勝負どころの第4Qでは、アラビ選手、サンダース選手ともに2/2で決めて、相手の追撃を許しませんでした。

第2戦
FE名古屋 82ー76 東京エクセレンス

第2戦、エクセレンスは前日の反省を活かしたディフェンスで、Fイーグルスのミスを誘います。エクセレンスの3Pが入らないことに助けられて点差こそ7点ビハインドに留まりますが、終始どこか歯車が噛み合わないまま第1Qが終わってしまいます。
第2QになってもいつものプレーができないFイーグルスは、相手のファウルを誘ってフリースローで加点しますが、どうしてもフィールドゴールを決められず前半終了時点で点差は12点に。
第3Q、攻めるリングが変わった影響もあってか、Fイーグルスは前半にな入らなかったシュートが次々に入りはじめます。一方、エクセレンスは前半に入っていたシュートが入らず、FイーグルスはこのQで一気に逆転に成功します。渡邉HCもここを勝負所と見たのか、普段ならスターティングファイブを休ませる時間帯でもメンバーチェンジを行わず、12点ビハインドから5点リードにひっくり返します。
第4Qにはサンダース選手が連続でバスケットカウントを奪い、エクセレンスを突き放しにかかります。その後、Fイーグルスのシュートがリングに嫌われて差を詰められる部分もありましたが、ファウルゲームになってもフリースローを確実に沈めて相手を寄せ付けず、6点差で勝利を収めました。

このように、Fイーグルスは第5節の2戦も勝利で終え、第2節から8連勝で次節ホームに帰ってくることとなりました。満足のいく内容ではありませんでした。また、前節で不安だったフリースローも高確率で決め、終盤の接戦を制することができました。

勝敗で並ぶ西宮ストークスも連勝を続けており、毎試合負けられない戦いが続きますが、次節は3週間ぶりにホームに帰って試合をすることができます。
B2優勝、B1昇格を勝ち取るためには、一戦ずつ手を抜かずに確実に勝ちを重ねていくことが大事です。次のアースフレンズ東京Z戦も連勝できるよう、精いっぱい応援したいと思います。
がんばれ!Fイーグルス名古屋!!