読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケ好きin東海

バスケ(Bリーグ、Fイーグルス名古屋、NBA)についてのブログ Twitterもやってますので、よろしければフォローお願いします。 @FE_cabrerabb

【FE名古屋】第6節第1戦vsアースフレンズ東京Z

第6節、Fイーグルス名古屋は久しぶりのホームでアースフレンズ東京Zと対戦。
第2節から続く連勝をキープして、10連勝の大台に乗せることができるか?注目です。

会場に入ってまず目に入ったのは、西宮ストークスでも導入されていた改善ボード!ブースターの意見を聞いて、前節から改善した点を連絡してくれています。選手やブースターと一緒に、運営も成長していこうという姿勢が嬉しいですね。

また、今節は他にもいろいろな試みが見られました。
試合前のコート開放イベントではシュートチャレンジが行われ、リストバンドやマフラータオルのプレゼントが!
以前はあまり有効活用されているとは言えなかった大型スクリーンも、今節からはTIPOFF用の画像やFEgirlsの画像が映し出されるようになりました。
f:id:cabrerabb:20161031205823j:plain

そして今節はハロウィンウィークということで、選手+リードくんのお面が来場者に配られました。選手が活躍したときにはその選手のお面を掲げるなど、会場の盛り上げに一役かっていたとおもいます!
f:id:cabrerabb:20161031205852j:plain
自分は河相選手#20のお面を頂いたので、2ショットを撮ってもらいました!河相選手、ありがとうございました。

試合前のアップでは、恒例のダンクパフォーマンスも。この日はいつも豪快なダンクを見せてくれるソウ選手#15やカーニー選手#25がお休みでしたが、アラビ選手#21や坂本選手#16が盛り上げてくれました。
f:id:cabrerabb:20161031205933j:plain
アラビ選手、高い!福澤選手#22も驚いています。
f:id:cabrerabb:20161031210032j:plain
坂本選手も。この後、試合でも見事にダンクを決めてくれました。

リードくんも場内を歩き回って、来場者を楽しませてくれます。
f:id:cabrerabb:20161031210111j:plain
来場者とハイタッチしたり、
f:id:cabrerabb:20161031210159j:plain
アースフレンズの選手のアップに参加したり、
f:id:cabrerabb:20161031210231j:plain
会場内をモップがけしたり。
f:id:cabrerabb:20161031210318j:plain
2階席にまでいっちゃうことも。

さて、そうこうしているうちに試合開始の時間。
f:id:cabrerabb:20161031210335j:plain

第1Q、Fイーグルスは大塚選手#6とアラビ選手のピック&ロールから着実に得点を重ねます。また、ディフェンスでは大塚選手を中心にアースフレンズのガード陣にプレッシャーをかけて、オフェンスを自由にさせません。
しかし、ここでFイーグルスにアクシデントが。好調だった大塚選手が足を痛めて(捻挫?)、ベンチに下がります。その後、第3Qに5分ほど出場しますが、大事をとって第4Qはお休みとなりました。ひどいケガでないことを祈ります。
f:id:cabrerabb:20161031210403j:plain


第2Q、Fイーグルスはアラビ選手とサンダース選手#17をインサイドに並べます。対するアースフレンズは、アンドリュース選手#9が第1Qに3ファウルとなったこともありフォード選手#44、中村選手#19で対抗しますが、Fイーグルスのインサイド陣を抑えきれません。
結果、第2Qだけでアラビ選手が11得点、サンダース選手が9リバウンド(5オフェンスリバウンド)を記録し、45-29の16点リードで前半を終了します。
f:id:cabrerabb:20161031210913j:plain
アラビ選手、インサイドを制圧しています。

ハーフタイムには、avexのアーティストアカデミーからNINeの皆さんが出演!
イーグルスのブースターはシャイな人が多いようで、最初は若干やり難い雰囲気もあったかもしれませんが(笑)、後半に向けて会場を暖めてくれました。
f:id:cabrerabb:20161031211112j:plain
f:id:cabrerabb:20161031211130j:plain
一緒に行った友人と手拍子を始めたら、笑顔でこちらを指差してアピールしてくれました!

もちろん、Fイーグルス専属チアのFEgirlsも登場!NINeの皆さんもFEgirlsの皆さんも若い!微笑ましく見てしまいます。笑
f:id:cabrerabb:20161031211245j:plain
f:id:cabrerabb:20161031211354j:plain
f:id:cabrerabb:20161031211431j:plain
f:id:cabrerabb:20161031211812j:plain
f:id:cabrerabb:20161031211829j:plain

第3Q、Fイーグルスはスターティング5に戻します。すると、福澤選手#22がここで爆発!3P3/3を含む14得点でチームを牽引します。アースフレンズはフォード選手がフリースローから得点を重ねるも、肝心のFGを決められません。第3Q終了時点で67-43の24点差となります。
ただ、第3QでもFイーグルスにアクシデントがありました。アラビ選手が、相手選手ともつれて倒れた際に膝を痛めてしまいます。その後、数分はプレーを続けるものの、中盤にベンチに下がってからはこの試合戻ってくることはありませんでした。
f:id:cabrerabb:20161031211952j:plain
f:id:cabrerabb:20161031212050j:plain
攻守両面でアラビ選手の存在は大きいと思うので、大事に至らないことを祈ります。

それでも第4Q、Fイーグルスはサンダース選手や福澤選手の活躍で相手を寄せ付けません。また、古閑選手#7が3Pを決めたり、坂本選手#16がダンクを決めるなど、代わって入った選手もそれぞれ活躍し、91-65で終戦となりました。
f:id:cabrerabb:20161031212119j:plain
坂本選手のダンクで、会場は大盛り上がりでした。

全体として、ディフェンスから流れを掴み、インサイドで相手を圧倒する時間帯が多かったと思います。また、第3Qでの福澤選手の爆発はもはや恒例になりつつありますね。正直に言うと、プレシーズンで初めて見たときには少し頼りない印象があったのですが(申し訳ありません…)、最近はエースと呼ぶにふさわしい活躍を見せてくれています。これで、B2の日本人得点王に躍り出たんじゃないでしょうか。
f:id:cabrerabb:20161031212227j:plain
また、福澤選手の得点力を活かすために、ボール運びなどPGの仕事をしている杉本選手#10にも今後注目したいです。以前からディフェンスで貢献していましたが、最近ではオフェンスでメンバーに指示を出し、チームの得点力アップの一因となっています。
f:id:cabrerabb:20161031212338j:plain
カーニー選手やソウ選手の離脱した穴を埋めてくれているサンダース選手含め、個の能力だけでなくチーム全体で戦えることが長いシーズンでは重要だと思うので、各選手がチームに必要とされるプレーを全うできている現状は素晴らしいと思います。
f:id:cabrerabb:20161031212417j:plain
笑顔が溢れる、とてもいいチーム状況です。

以上、第1戦の感想でした。
少し長くなったので、第2戦は別記事にまとめたいと思います。

単独首位奪取へ向けて連勝だ!
頑張れ!ファイティングイーグルス名古屋!
f:id:cabrerabb:20161031212523p:plain