読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケ好きin東海

バスケ(Bリーグ、Fイーグルス名古屋、NBA)についてのブログ Twitterもやってますので、よろしければフォローお願いします。 @FE_cabrerabb

【FE名古屋】第8節vs西宮ストークス プレビュー

B2第8節、Fイーグルス名古屋はアウェイで西宮ストークスとの大一番に挑みます。
前回の対戦(第1節)では1勝1敗の痛み分け。とはいえ、第1戦でロドニー・カーニー選手がケガをしてしまった影響もあって第2戦では二桁差をつけられてしまい、得失点差では遅れをとる結果に。その後の試合で順位は逆転して、現在は1ゲーム差でFイーグルスが首位となっていますが、今節の結果次第ではまた逆転する可能性もあります。
いずれにせよ、この首位攻防戦がB2中地区の今後を左右する試合になることは間違いありません。それでは、注目の1戦を前に、西宮ストークスの情報をおさらいしていきましょう。

【対戦相手】
西宮ストークス
f:id:cabrerabb:20161117224002p:plain
現在の成績:B2(中地区)2位 11勝3敗

注目選手①:谷直樹選手#9
f:id:cabrerabb:20161117224020j:plain
前回の対戦では、2試合合計で29点を記録。谷選手のアウトサイドが入り出すと、FE名古屋としては苦しい展開になることが予想される。また、西宮は現時点で3Pの成功率がB2トップの36.9%と、谷選手以外のアウトサイドにも注意が必要。集中を切らさずにチームでディフェンスを固めたい。

注目選手②:ジョーダン・ヴァンデンバーグ選手#14
f:id:cabrerabb:20161117224030j:plain
10月末に契約したばかりのインサイドプレーヤー。連携の面ではこれからかと思っていたが、ウィル・クリークモア選手が抜けたことですぐにでも活躍してほしいチーム状況となった。B2で最長身だったFE名古屋のアラビ選手#21と同じ216cmの高さを誇り、チームにフィットさえすれば大きな戦力になることは間違いない。1週の休みを挟んで迎える第8節、ヴァンデンバーグ選手と他の選手の絡みに注目。

【見どころ】
1.インサイドの主導権争い
前述したように、西宮はヴァンデンバーグ選手が活躍できるかどうかがインサイドの鍵となる。対するFE名古屋で鍵となるのは、もちろんアラビ選手。ただ、ここ数試合は出場したり欠場したりを繰り返しており、コンディションに不安が残る。西宮は先週の休みでヴァンデンバーグ選手との連携を高められているか、FE名古屋はアラビ選手のコンディションを整えられているかが重要なポイントだ。
また、FE名古屋はロドニー・カーニー選手#25、西宮はラリー・オーウェンス選手#15といったアウトサイド寄りの外国籍選手も備えている。何れも高い得点力を備えているものの、本来インサイドで活躍する選手ではないだけに、ヴァンデンバーグ選手やアラビ選手といったセンター陣を相手にする場合には、ディフェンス面で不安も残る。このため、外国籍選手が交代するタイミングも注目すべきポイントになるかもしれない。
f:id:cabrerabb:20161117225041j:plain
f:id:cabrerabb:20161117224411j:plain
f:id:cabrerabb:20161117225052j:plain
ラリー・サンダース選手#17含め、状況に応じて外国籍選手をうまく使い分けていけるか。

2.チーム全体でのオフェンス
前節、FE名古屋ではカーニー選手が復帰を果たしたが、1人でボールを止めてオフェンスをしている場面が多く、チーム全体の動きが止まってしまう場面が多々あった。スタッツを見ても、全試合平均でのチームのアシスト数が12.1であるのに対し、カーニー選手が出場した2試合では平均7となっている。
いくら個人能力が高いとはいえ、オフェンスの狙いどころがバレてしまえば守る側としては対策が立てやすい。この2週間でどこまでカーニー選手を含めたチームオフェンスを構築できたかが、勝敗を分けるポイントの1つだ。
f:id:cabrerabb:20161117224537j:plain
今節での復帰が予想される大塚選手#6のゲームコントロールにも期待したい。

ちなみに、今週末はスポナビライブが無料!現地に行けない人も、スマホやPCの前で応援してください!
頑張れ!Fイーグルス名古屋!!
f:id:cabrerabb:20161117225211p:plain