読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケ好きin東海

バスケ(Bリーグ、Fイーグルス名古屋、NBA)についてのブログ Twitterもやってますので、よろしければフォローお願いします。 @FE_cabrerabb

【FE名古屋】第15節vs岩手ビッグブルズ

第15節、Fイーグルス名古屋はホームで岩手ビッグブルズと対戦しました。
2017年最初の試合。会場もイベント盛りだくさんでした。
f:id:cabrerabb:20170126080849j:plain
入場前のパフォーマンスが増えたり、応援方法が変わったりして大変な中、いつも笑顔で応援してくれるFEgirls。

第1戦(1/21)
第1Q、FE名古屋の2017年初得点は#21アラビ選手。その後は互いにターンオーバーを犯してオフェンスが停滞しますが、残り3分を切ったところで#25カーニー選手を投入すると、素早い攻守の切り替えから#22福澤選手や#32武藤選手が得点を重ねてリードします。カーニー選手もいきなり3Pを2本成功し、27-10で第1Q終了。
第2Qに入ると岩手もオフェンスで勢いを掴み始め、FE名古屋からファウルを引き出しつつ得点します。しかし、FE名古屋も#15ソウ選手、#16坂本選手といったインサイド陣が奮闘し、48-30の18点リードとして後半へ。
第3Q、高確率で2Pを成功させる岩手に対し、FE名古屋はなかなか得点することができません。岩手の3P、FTの確率が低いことに助けられますが、一時は一桁差にまで追い上げられます。それでもなんとか踏ん張り、終了間際には坂本選手がジャンプシュートを決めて二桁差として第4Qへ。
第4Q、FE名古屋はなかなかオフェンスをうまく展開することができませんが、カーニー選手の個人技で得点して苦しい時間帯をつなぎます。一方、岩手はなんとか追い上げのきっかけを掴みたいものの、要所でターンオーバーを犯してしまい、大きく点差が変わることなく時間が過ぎていきます。結果、終盤のフリースローを高確率で決めたFE名古屋がそのまま逃げ切り、81-69で勝利しました。

試合全体ではフィールドゴールの確率に大きな差はなかったものの、ファウルの数、そしてフリースローの確率で差が付きました。しかし、オフェンスリバウンド12は取られ過ぎですね。特に、フリースローのオフェンスリバウンドを奪われたところは要修正。インサイド陣の身長で勝るFE名古屋ですが、手を抜かずスクリーンアウトしてほしいです。

第2戦(1/22)
第1Q、FE名古屋は#11神津選手が積極的に攻めてオフェンスを引っ張ります。対する岩手は各選手がバランスよくシュートを決め、序盤は一進一退の攻防が続きます。そんな中、残り4分を切ったところで登場した#10杉本選手が3連続で3Pを決め、24-16の8点リードで第1Q終了。
第2Q、岩手はこのon2の時間帯にFE名古屋の外国籍選手をうまく守り、オフェンスを停滞させます。特に、アラビ選手は前半通してフィールドゴールの成功がなく、フリースローの2点のみに抑えられます。カーニー選手も岩手の密着マークに合い、思うようにオフェンスの起点を作れません。#6大塚選手、武藤選手の得点で苦しい時間帯を乗り越え、終盤には福澤選手の3Pで7点リードまで押し戻すも、全体的に流れは岩手のまま、後半戦へ。
第3Qに入って互いに試合開始時のメンバーに戻すと、FE名古屋は第1Q同様に神津選手が得点を重ねます。しかし、アラビ選手のシュートタッチは後半も改善せず、ボールをコントロールする大塚選手にも迷いが見られるようになります。対する岩手は着実に得点し、残り6分の時点で点差は3点に。
その後、FE名古屋の速攻を止めた岩手にアンスポーツマンライクファウルが宣告され、大塚選手のフリースローと#20河相選手の3Pで一気に4点を奪うも、岩手を突き放すには至りません。さらに河相選手の3Pが決まりますが、岩手も必死に食らいつき3点差で第4Qへ。
第4Q、ジリジリと差を詰めてくる岩手に対し、FE名古屋は流れを変えることができず、残り3分でついに逆転されてしまいます。しかし、3点ビハインドとなったこの場面で3Pを成功したのは河相選手。頼れるベテランがFE名古屋を引っ張ります。
その後、岩手に得点を返され1点ビハインドとなったところで、カーニー選手が失敗した3Pのリバウンドを大塚選手が奪い、今度は福澤選手が3Pを成功。残り22秒、たまらず岩手はタイムアウトを取ります。タイムアウト明けのオフェンス、サイドのスローインから岩手は#21澤口選手が一瞬の隙をついてジャンプシュートに成功。残り16秒で同点とされてしまいます。
すでにタイムアウトを使い切ったFE名古屋は、大塚選手が運んだボールをカーニー選手に託します。この日、ここまで岩手の徹底マークに苦しんでいたカーニー選手ですが、一瞬のスピードで相手ディフェンスを抜き去るとゴール下でフリーになったアラビ選手に絶妙なアシスト。FE名古屋のエースふたりが最後に決定的な仕事をしました。その後の同点を狙った岩手のシュートも外れ、2点差でFE名古屋が勝利。

この日は、昨日の試合よりも岩手のディフェンスが改善された印象でした。特に、アラビ選手とカーニー選手への対策をしっかり練ってきていたような気がします。その中でも、杉本選手、神津選手、河相選手といった選手が活躍するなど、外国籍選手に頼りきりになることなくオフェンスを展開できたのはよかったですね。出場時間が多い選手だけでなく、出場時間が少ない選手も、常に積極性を持ってプレーしてほしいと思います。

第15節の写真
f:id:cabrerabb:20170126081701j:plain
FE名古屋のオフィシャルスイーツパートナーに就任した「清須和菓子工場うめざわ」さんから紅白の大福のプレゼント。店主さんは超が付くほどのバスケ好きです。どら焼きなど他の和菓子も美味しいので、近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

f:id:cabrerabb:20170126082356j:plain
会場入口には、ソロモン・アラビ選手のバッシュが展示。大きすぎて、靴の上から履けそうです。

f:id:cabrerabb:20170126082515j:plain
f:id:cabrerabb:20170126082549j:plain
今節から新たに増えた河相選手の横断幕。これに応えるように、2日目の後半は大活躍で、この背中がとても頼もしく見えました。

f:id:cabrerabb:20170126082743j:plain
f:id:cabrerabb:20170126082925j:plain
クリスマスゲームに引き続いてアクロバティックなパフォーマンスを披露してくれた愛工大名電チアリーディング部の皆さん。

f:id:cabrerabb:20170126125445j:plain
f:id:cabrerabb:20170126125500j:plain
f:id:cabrerabb:20170126125519j:plain
f:id:cabrerabb:20170126125531j:plain
f:id:cabrerabb:20170126125547j:plain
もちろん、FEgirlsの皆さんのパフォーマンスも。試合の合間もさることながら、試合中も以前より大きな声を出して応援するようになった気がします。FEgirlsの皆さんが応援していると、他のファンも応援したくなりますからね!

f:id:cabrerabb:20170126125633j:plain
f:id:cabrerabb:20170126125647j:plain
第1戦は、お互いに早いオフェンスが多かったような気がします。杉本選手や福澤選手のスピードが生きる展開でしたね。

f:id:cabrerabb:20170126184359j:plain
f:id:cabrerabb:20170126184410j:plain
対して、第2戦は岩手がディフェンスを修正してきて、FE名古屋としては重たい展開になりました。そんな中、シュートが不調だったアラビ選手はリバウンドで活躍!

というわけで、ここまでのFE名古屋の成績は24勝6敗。中地区1位をキープしていますが、2位の西宮も今節を2連勝してFE名古屋を追い続けています。また、B2全体では、西地区の1〜3位がすべて24勝6敗で並ぶという大混戦。
そして、FE名古屋の次の試合は、その西地区の広島ドラゴンフライズです。強敵ですが、名古屋まで勝利を届けてもらいましょう!

頑張れ!Fイーグルス名古屋!